事業計画があると有利な事業融資の審査

事業融資で審査された項目とは(女性40代)

私が事業融資で審査されたのは、私自身の収入や生活というよりは会社の状況や利益についてでした。個人事業の場合には私自身の審査が行われるようですが、会社単位になっている場合には法人として審査が行われるとのことでした。私は、会社のそれまでの業績を書類で提出し、税務書類なども持ち込んで見てもらった所、その地域でも比較的知名度が高まっていたこともあってか、思っていたよりもスムーズに借り入れができました。

 

借入金額も希望する金額になりましたが、銀行の方が提案してくれた金銭管理なども取り入れてもっと事業を安全に進められるようになりました。返済計画も担当者の方が一緒に立ててくれて、無理のない計画にしてくれました。返済約定日についても私の会社の収支に合わせてくれたので、無理に手続きを増やすこと無く返済も行えるようになりました。

 

おそらく、銀行側としても面倒な返済日にして返済が滞るよりは確実に返済してもらえるほうが良かったのだと思います。審査項目は人によって、会社によって多少は変わるらしいですが、基本的には安全に融資できるかが重視されます。あまり審査に自身がない場合には、事業性の資金としても使えるカードローンやキャッシングを探して利用するしか無いでしょう。

 

できるだけ事業に関わる部分は事業融資を活用し、安全に借り入れができるようにしましょう。なかなか借りられない場合には、担保を幾つか追加すると借り入れできることもあるので、上手に取引を進めていきましょう。

 

業種にかかわらず審査は厳しい

年収や継続年数も大切なポイント

利益が出やすい業種であっても審査がゆるくなることはありません。会社や事業の継続年数と業種の成長度合いも大切なので、審査の際にはかなりチェックされます。あまりにも急激な業績の伸びがあればよいわけでもなく、緩やかな成長だからといって認めてもらえるわけでもありません。

 

銀行が融資をしてから返済を終えるまでの間に会社の業績が悪化しないかどうかを重視されているため、融資期間の期待値が一番大切です。単純に判断されるものではないので、事業融資が必要になる理由がはっきりしていることも重要です。

 

事業計画も再度チェックすべし

事業を始める前と始めた後では、事業計画もかなり違いが出ます。ちょっとした業績の予測との差も長く続くと大きな違いになるので、銀行はそういった点のチェックも行なっています。消費者金融では、少額融資をしてくれる場合がほとんどで、キャッシングやカードローン感覚で頼れることもありますが、返済金額や金利は銀行に比べると、銀行のほうが魅力的です。

 

事業計画のチェックも大切ですが、それをみてもらう融資先も工夫して会社側に負担が掛からないように事業融資を進めていきましょう。事業計画は頻繁にチェックし、経営面からリスクになりそうな部分を解消していきましょう。

 

役員や従業員数も審査のポイント

会社の規模や事業の活躍する規模、会社が抱えている社員や従業員の人数も銀行にとっては重要なチェック項目です。個人事業であれば、消費者金融などから出ている事業向けの融資を頼るだけでも十分ですが、人数が多い場合には消費者金融では金額的に対処しきれません。

 

銀行を相手に審査をしてもらう際には、外部の方の協力も視野に入れながら融資に関する部署を作っても良いでしょう。書類作成だけではなく、会社の成長の可能性も考えなければいけないので、銀行側の担当者にも相談して頼りながら進めていくようにしましょう。

 

従業員の中に借金をしている人物がいれば、銀行側にはその人数や金額だけは分かるので、融資に失敗する可能性が高まります。会社側は社員のプライバシーにも注意しながら、生活状況についても気配りをしておくことが大切です。